クォークとは  ロレックス一覧  メンテナンス  通信販売  高額買取  店舗一覧
HOME > はじめてのお客様へ > HOW TO USE > モデル別 ご使用方法 > GMTマスター II

モデル別 ご使用方法


 

GMTマスター II

ロレックス GMTマスター II Ref.116710BLNR GMTマスターは、航空会社の依頼により国際線パイロットのために開発されました。単独で操作可能な短針と24時間針によって、任意の2つの時間帯を同時に表示することが でき、さらに回転ベゼルを組み合わせることで最大3つの時間帯を把握することが可能です。
(基本的なご使用方法は リューズの基本操作 をご参照ください)

● 三角の先端を持つ24時間針は、24時間に1回転し、ベゼル上に時刻を示します。
● 単独で動かせる短針により、簡単に時間や日付を変更できます。
● 短針操作はリューズを1段階引き出した位置で行い、短針を24時間回せば日付が1日変わります。



 

時差のセット

時差のセット図

たとえば、朝10時10分過ぎに東京を発ってロンドンへ向かうとします。(図A
時計をロンドンの時間に合わせる場合、短針を時差分(反時計回りに9時間)回します。この時、文字盤上に長短針が示す時間がロンドン時間で、午前1時10分過ぎです。(図B

分針、秒針は各時間帯に共通で時差のセットによる影響はありません。東から西へ行く場合(例:東京からロンドンへ)は短針を反時計回りに回し、西から東へ行く場合(例:ロンドンから東京)は短針を時計回りに回します。
回転ベゼルの▼のマークを文字盤の▽のマークに合わせると、24時間針が示す回転ベゼル上の時間が日本時間で午前10時10分過ぎです。

さらに、ベゼルを回転させて時差のセットを行うと、第3の場所の時間を知ることが出来ます。(図C

たとえば、ニューヨーク時間を知りたい場合、まず時差表でニューヨークが日本より14時間遅れであることを知り、ベゼルを24時間目盛りで14時間回します。すなわち前日の午後8時(20時)10分過ぎです。

国際電話や第3の時間帯への旅行の時などはこの方法が便利です。ベゼルの▼マークを文字盤の▽マークに合わせれば、また日本時間に戻すことが出来ます。
(時差が進んでいる場合は上記の逆回りの操作になります。)

※ 時間合わせをする際、短針を回すと夜の12時近くで日付が半分切り変わった状態になることがあります。
  この場合は、日付が完全に切り変わるまで針を回してください。

※ 短針と24時間針を同じ時間に合わせたい時は、短針を時計回りに日付が変わるまで回します。次に短針を反時計回りに
  回し、24時間針が示している時刻と同じ時刻にセットします。この時、午前と午後を間違えないようセットしてください。









© Quark R co.,ltd. All rights reserved.
English中文(简体)中文(繁體)한국어ภาษาไทยMelayuIndonesia

go to page top