クォークとは  ロレックス一覧  メンテナンス  通信販売  高額買取  店舗一覧
HOME > ロレックス ROLEX > ロレックス デイトジャスト
クォークの在庫一掃 SALE 10.4 FRI - 10.27 SUN

在庫一覧を見る
 無料ロレックス カタログ メールマガジンで
 お得な情報をGET 登録無料 !

SNSでクォークをCheck!

フェイスブック ツイッター インスタグラム ユーチューブ

English

 

ロレックス ランキング を見る


 

すべての「ロレックス デイトジャスト 中古品 新着入荷」を見る


新着中古ロレックス入荷お知らせサービス

 

新品 ステンレススチール ステンレス +
ホワイトゴールド
ステンレス +
イエローゴールド
ステンレス +
ピンクゴールド
中古品 ステンレススチール ステンレス +
ホワイトゴールド
ステンレス +
イエローゴールド
ステンレス +
ピンクゴールド
ゴールド
アンティーク アンティーク
↑ このページのトップへ


 

ロレックスの中でも圧倒的な知名度を誇るスタンダードモデル「デイトジャスト」。 1945年に「オイスターケース」、「パーペチュアル機構」、さらにダイヤルの3時位置にデイト表示を備えた世界初の画期的な腕時計として登場した。1955年には、デイト表示が瞬時に切り替わる「デイトジャスト機構」を搭載し、「ロレックス3大発明」の全てが集約された。
ダイヤル、素材、サイズのバリエーションは、他のモデルと比べ数多く存在し、両方向の回転ベゼルを搭載した特別仕様の「サンダーバード」や「ターノグラフ」も存在する。 また、レディース、ボーイズサイズの展開もありペアウォッチとしてや、個性を演出出来るモデルとして世界的に愛されており、ロレックスの中で最も所有率が高いモデルでもある。
↑ このページのトップへ


 

型番一覧 現行モデル 生産終了モデル


↑ このページのトップへ


 

1945年

デイトジャストの歴史
 
ロレックス社設立40周年を迎える年にすでに開発していたオイスターケース(1926年)、パーペチュアル機構(1931年)を集約させ、画期的なデイト表示機構を搭載した「デイトジャスト」を発表した。それは、当時の最先端腕時計であり、実用性を追求した腕時計の1つの完成形でもあった。そして、深夜0時頃、瞬時に日付が切り替わるデイトジャスト機構(1955年)は、後に「ロレックスの3大発明」の1つに数えられることになる。

1955年

 
カレンダー表示を約2.5倍に表示してくれる『サイクロップレンズ』が正式発表された。このサイクロップレンズにより、視認性は高まり、より実用性がアップした。

1956年頃

 
アメリカ空軍のアクロバットチーム『サンダーバーズ』の記念モデルとして『サンダーバード Ref.6309』が誕生。

 
こうして誕生したデイトジャストは、後世の腕時計に技術的にもデザイン的にも多大な影響を及ぼす不朽の名作となった。その後も時代とともに改良が加えられ、長い歳月の中でモダナイズされてきたデイトジャストだが、そのスタイリングには今もなお伝統的なクラシックデザインが宿っている。



↑ このページのトップへ


 


Ref.126200


デイトジャストの系譜

Ref.126200

製造期間:2019年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
伝統の36mm径ケースに新世代ムーブメントを搭載して登場したデイトジャスト36のステンレスモデル。ケースはサイドとラグのシルエットがブラッシュアップされており、搭載するCal.3235はロレックスの特許技術が投入され、高い耐磁・耐衝撃性と約70時間のパワーリザーブ、日差±2秒の高精度を実現している。


Ref.126234


Ref.126234

製造期間:2019年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
伝統の36mm径ケースに新世代ムーブメントを搭載して登場したデイトジャスト36のステンレスと18Kホワイトゴールドのコンビモデル。ケースはサイドとラグのシルエットがブラッシュアップされており、搭載するCal.3235はロレックスの特許技術が投入され、高い耐磁・耐衝撃性と約70時間のパワーリザーブ、日差±2秒の高精度を実現している。


Ref.126233


Ref.126233

製造期間:2018年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
伝統の36mm径ケースに新世代ムーブメントを搭載して登場したデイトジャスト36のステンレスと18Kイエローゴールドのコンビモデル。ケースはサイドとラグのシルエットがブラッシュアップされており、搭載するCal.3235はロレックスの特許技術が投入され、高い耐磁・耐衝撃性と約70時間のパワーリザーブ、日差±2秒の高精度を実現している。


Ref.126231


Ref.126231

製造期間:2018年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
伝統の36mm径ケースに新世代ムーブメントを搭載して登場したデイトジャスト36のステンレスと18Kピンクゴールドコンビのモデル。ケースはサイドとラグのシルエットがブラッシュアップされており、搭載するCal.3235はロレックスの特許技術が投入され、高い耐磁・耐衝撃性と約70時間のパワーリザーブ、日差±2秒の高精度を実現している。


Ref.126300


Ref.126300

製造期間:2017年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
大型の41mm径ケースに新ムーブメントを搭載して誕生したデイトジャスト41のステンレスモデル。デザインが一新されたケースはフラットかつスリムな形状になっており、高精度クロノメーター準拠のCal.3235は約70時間のパワーリザーブを誇り、どの時間帯でも操作可能なカレンダー早送り機構を搭載するなど実用性や操作性も進化を遂げている。


Ref.126334


Ref.126334

製造期間:2017年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
大型の41mm径ケースに新ムーブメントを搭載して誕生したデイトジャスト41のステンレス×18Kホワイトゴールドコンビモデル。デザインが一新されたケースはフラットかつスリムな形状になっており、高精度クロノメーター準拠のCal.3235は約70時間のパワーリザーブを誇り、どの時間帯でも操作可能なカレンダー早送り機構を搭載するなど実用性や操作性も進化を遂げている。


Ref.126333


Ref.126333

製造期間:2016年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
大型の41mm径ケースに新ムーブメントを搭載して誕生したデイトジャスト41のステンレス×18Kイエローゴールドコンビモデル。デザインが一新されたケースはフラットかつスリムな形状になっており、高精度クロノメーター準拠のCal.3235は約70時間のパワーリザーブを誇り、どの時間帯でも操作可能なカレンダー早送り機構を搭載するなど実用性や操作性も進化を遂げている。


Ref.126331


Ref.126331

製造期間:2016年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3235
大型の41mm径ケースに新ムーブメントを搭載して誕生したデイトジャスト41のステンレス×18Kピンクゴールドコンビモデル。41mmサイズのデイトジャストでは初めてピンクゴールドが採用され、高精度クロノメーター準拠のCal.3235は約70時間のパワーリザーブを誇り、どの時間帯でも操作可能なカレンダー早送り機構を搭載するなど実用性や操作性も進化を遂げている。


Ref.116200


Ref.116200/116234/116233/116231

製造期間:2006年 ~ 2016年
搭載ムーブメント:Cal.3135
現行モデルとなる『デイトジャスト』。


Ref.116264


Ref.116264/116263/116261

製造期間:2004年 ~ 2013年頃
搭載ムーブメント:Cal.3135
ベゼルが回転し0に戻ることからターン0(オー)がモデル名の由来となった『TURN-O-GRAPH ターノグラフ』。1953年に商標登録された初代ターノグラフRef.6202は、ロレックスで初となる回転ベゼルを搭載したモデルで、スポーツモデルの原点とも言われている。そのターノグラフが、『デイトジャスト』を主体に約50年ぶりの復活となり注目度を集めた。カレンダー表記、秒針、モデル名表記が赤となり、回転ベゼルとの組み合わせがスタンダードモデルながらスポーティーな印象も醸し出している。


Ref.16200


Ref.16200/16234/16233

製造期間:1988年頃~2006年
搭載ムーブメント:Cal.3135



Ref.16264


Ref.16263/16264

製造期間:1988年頃~2004年頃
搭載ムーブメント:Cal.3135
5代目『サンダーバード』最終型。




Ref.16014

製造期間:1977年頃 ~ 1988年頃
搭載ムーブメント:Cal.3035
カレンダーの早送り機能が備わり、時間合わせ効率が一段とアップした。


Ref.16253


Ref.16253/16250

製造期間:1970年代後半頃 ~ 1988年頃
搭載ムーブメント:Cal.3035
4代目『サンダーバード』


Ref.1625


Ref.1625

製造期間:1962年頃 ~ 1970年代後半頃
搭載ムーブメント:Cal.1565/Cal.1575
3代目『サンダーバード』


Ref.1601


Ref.1601

製造期間:1960年代 ~ 1970年代後半
搭載ムーブメント:Cal.1575
1956年のデイデイト発表を機にステンレスモデルがラインナップに加わり、さらに幅広い層へ浸透していった。



↑ このページのトップへ


 

ユーザー様レビュー
2019年10月 ご購入
ロレックス デイトジャスト(Ref.16203) オーナー 愛媛県
現行モデルの36ミリ径と比べて、やや小振りなケースシェイプが気に入って購入を決めました。とくにコンビモデルであれば、小振りなケースシェイプが目立ち過ぎない印象となる点も、あえて旧型を選…
2019年10月 ご購入
ロレックス デイトジャスト(Ref.1625/4) オーナー 千葉県
また素晴らしい時計をお迎えしました。60年代後半の時計ですがケース/ブレスレットのコンディションが最高で我慢出来ずでした。
2019年09月 ご購入
ロレックス デイトジャスト(Ref.116203) オーナー 大阪府
レディースよりメンズの時計がサイズ感などから元来好きで、出来ればお揃い風味で…と思っていたので決めました。白が女性らしく気に入っています。有難うございました。
2019年09月 ご購入
ロレックス デイトジャスト41(Ref.126334) オーナー 大阪府
昔ながらのデザインを継承したモデルを探していたところ、新型モデルをホームページで見つけました。年式も新しく満足です。
2019年09月 ご購入
ロレックス デイトジャスト(Ref.116200) オーナー 神奈川県
タイミングと出会いに感謝、大切にします。
ロレックス デイトジャストの「ユーザー様レビュー」を見る
すべての「ユーザー様レビュー」を見る


↑ このページのトップへ


 

お客様の声
2019. 9.13 
 大阪府 Y.H様 利用店舗:梅田店
東さまに迅速に対応していただき、気分よくお買物ができました。自分の求めていた商品も手に入り、とても満足できました。
2019. 9.11 
 愛知県 Y.K様 利用店舗:通信販売(通販)
メールのやりとりでしたが、非常に早く対応してくれ安心して最後までまかせられました。
2019. 9. 8 
 大阪府 K.T様 利用店舗:なんば店
素晴らしい笑顔での対応、質問等にもご丁寧な対応とすべてに満足でき感謝しています。ありがとうございました。
2019. 9. 3 
 神奈川県 K.W様 利用店舗:横浜店
丁寧に対応して頂きました。問い合わせからとてもスムーズに買い物ができてとても満足しています。これからもよろしくお願い致します。
2019. 8.18 
 京都府 R.I様 利用店舗:心斎橋店
親切、丁寧で非常に良かったです。
2019. 8.15 
 青森県 G.S様 利用店舗:仙台店
ずっと欲しかったデイトジャストを手に入れる事が出来ました!2本目を購入する時も宜しくお願いします。クォーク仙台 最高です!
2019. 8. 3 
 福岡県 A.N様 利用店舗:福岡店
ロレックスを買うならここしかない。最高です。
2019. 8. 3 
 神奈川県 Y.T様 利用店舗:新宿店
私の予想以上に、いつも選択肢を用意して頂ける清水様。今回も良い個体が見つかりました。ありがとうございました。
2019. 7.27 
 福岡県 S.H様 利用店舗:福岡店
一つ一つ対応が丁寧で、はじめての購入でも質問等、しやすかったです。
2019. 7.21 
 埼玉県 T.M様 利用店舗:ラボ中野店
初めての購入にあたり、色々な事を親切に教えて下さいました。とても信頼できるお店でした。
ロレックス デイトジャストの「お客様の声」を見る
すべての「お客様の声」を見る


↑ このページのトップへ





ロレックス専門店クォーク トップページへ


© Quark R co.,ltd. All rights reserved.
English中文(简体)中文(繁體)한국어ภาษาไทยMelayuIndonesia